ホーム > 阿蘇火山群

阿蘇火山群

阿蘇火山の概要

急崖に囲まれた直径2㌖以上の火山性の凹地をカルデラと呼び、カルデラを有する火山をカルデラ火山といいます。九州の中央部に位置する阿蘇カルデラは世界有数のカルデラ火山である。カルデラの大きさは南北約25㌖、東西約18㌖、面積は約380平方㌖あります。カルデラ内には中央火口丘群があり、そのうちの中岳は現在も活動中です。
阿蘇カルデラを生じさせた火砕流は、阿蘇火砕流と呼ばれ、その堆積物はカルデラ周辺に広く分布している。ところで、阿蘇山という名前の山は地図にはありません。学術的に広く用いられる阿蘇火山とは、阿蘇カルデラとその噴出物、および中央火口丘群を一括した呼び名です。
阿蘇火山の活動は、およそ30万年前の阿蘇火砕流の噴火で始まりました。そのご、およそ9万年前までの間に4回の火砕流を主とする大規模な噴火があり大量のマグマが噴出したため陥没してカルデラができました。阿蘇火砕流堆積物は、中部九州一円に分布し、それらの一部は天草下島や山口県の南部にも達しています。
阿蘇カルデラ付近に阿蘇火砕流噴火前に分布していた岩石は、新第三紀末から第四期後半に噴出し、中部九州に広く分布する火山岩類です。それらは阿蘇カルデラ壁にも露出していますが、これらの岩石は、時代的にも岩石学的に阿蘇火山の岩石と区別され、阿蘇火山以前であることを明確に示すために、先阿蘇火山岩類と呼ばれています。カルデラ壁に露出する先阿蘇火山岩類の年代としては220~40万年前と言われています。
中央火口丘群の活動は、カルデラ形成直後から始まり。カルデラ形成後、カルデラ内湖の生成、立野火口瀬の形成、中央火口丘郡溶岩による火口瀬の堰き止めなど、複雑な活動を続け、現在の火口丘が成長しました。阿蘇火山の岩石の化学的性質は、無水珪酸では49~72%にわたり、組成幅が極めて広くなっています。大規模な火砕流噴火を含む噴火サイクル(比較的長い休止期を挟まない一連の噴火活動)の噴出物では、珪長質マグマの量が多いサイクルと安山岩質マグマの量の多いサイクルとあるが、中央火口丘の活動は、無水珪酸52~54と67%との生産頻度が高い。大規模な火砕流噴火を含むサイクルでは、Aso-1を除き、1サイクルの初期の噴出物から後期へ向けて、酸性から塩基性へと組成が変化しています。また、阿蘇火山の岩石は、その広い組成幅や噴火活動様式の違いにもかかわらず、Aso-1から現在の中央火口丘の岩石にいたる全期間を通じてアルカリ、特にカリウムに富む科学的に明瞭な性質を持ち、下位の先阿蘇火山岩類とも、同時代の近隣の火山(九重火山)の火山岩とも明らかに組成の異なる群をつくっている。この特徴が、長い活動期をもつ多様な活動を、阿蘇火山として一括する理由の一つでもあります。

阿蘇火山群

阿蘇カルデラは九州中部にあり、東西約18km、南北約25km、面積約350平方キロメートルと、世界最大級の規模を誇ります。 カルデラの中央部には、現在も噴煙を上げ続ける中岳をはじめとする阿蘇五岳(高岳、根子岳杵島岳烏帽子岳)と、多くの山体で構成される火山群"中央火口丘"があります。火山群の南北の麓には平坦なカルデラの底地が広がり、火山群と平地を取り巻く輪っか上の山「外輪山」があり、その外側にはなだらかな火砕流の大地を形成しています。「阿蘇山」という単体の山はありませんが、学術的にはこれらの外輪山まで含めて「阿蘇火山」と呼んでいます。

火山名緯度高さ
1烏帽子岳火山32°52'25.4"N 131°03'28.5"E1,337m
2往生岳火山32°54'08.1"N 131°03'55.3"E1,228m
3丸山火山32°52'07.8"N 131°06'12.6"E1,186m
4杵島岳火山32°53'33.2"N 131°03'27.7"E1,326m
5御竈門山火山32°51'37.2"N 131°03'23.8"E1,152.5m
6高岳火山32°53'03.4"N 131°06'13.8"E1,592.4m
7根子岳火山32°53'01.1"N 131°08'40.0"E1,408.1m
8砂千里ヶ浜32°52'39.0"N 131°05'30.8"E1,250m
9蛇の尾火山32°54'35.2"N 131°01'38.2"E754.2m
10草千里ヶ浜火山32°52'52.3"N 131°03'11.6"E1,157m
11中岳火山32°53'00.9"N 131°05'49.8"E1,506m
12楢尾岳火山32°53'30.2"N 131°05'32.3"E1,331m
13白水火山32°51'13"N 131°04'14"E750m
14米塚火山32°54'20.8"N 131°02'40.1"E954.3m
15本塚火山32°56'47.4"N 131°03'26.9"E573.8m
16夜峰山火山32°51'21.8"N 131°02'15.6"E912.9m
17鷲ヶ峰火山32°53'28.9"N 131°06'38.5"E1,350m
18大観峰32°59'48.4"N 131°04'01.6"E936m


カテゴリ : 阿蘇の自然
索引 :

このページのURL:

TOP