ホーム > 飯食わん嫁ご

飯食わん嫁ご

民話

飯食わん嫁ご

 阿蘇のある村に、なんさまけちんぼな男がおった。

年頃になったんで、しんせきのもん達も、そろそろ嫁ごばもろたらどうかい、とすすめるばってん

「嫁ごばもろたら、飯ば食わん女ごでんおるなら、もろてみたっちゃよかたい」

ちゅうて、ハハハハハと笑っとる。

ある日んこつ、そりやあ美しか女ごがたずねてきて

「あなたのお嫁さんにしてはいりょ。わたくしゃ、飯は食いまっせん。野良仕事でん、家んこつでん、しつかがまだします。お願いです。お嫁さんにして下さい」

男は、本気にせんだったてばってん、あんまり言うもんだけん、嫁ごにしたったい。

なるほど飯は食わんし、ほんなこつ、ようがまだすとたいね。

男は不思議に思っとった。

ある日んこつ、何気なし米びつばのぞいて見ると、飯ばいっぱい入れとったはずが、ごっそり減ってしもうとる。

「やっぱり知らんなかま、飯ば食いよるとばい。」

そう思うて「わしゃあ今から泊まりがけで、隣り村まじ出かけちくるんで、留守ば頼むばい」

そげん言うて、出かける振りばしたったい。

 男は、そろっと家の裏手に回って、嫁ごの様子ばうかごうとった。

しばらく見とったが、変わったこつもなかけん、天井裏にはい上がって下を見はっとった。

やがて嫁ごは、大きなお釜さんにいっぱいの飯ば炊いて、人の頭ほどのにぎり飯を作った。

嫁ごが髪の、もとゆいを解くと、いつの間にか太かくもの姿に変わっている。

頭の上に開いた大きな口で、投げ上げたにぎりめしを受けとめると、わっしわっしとかぶりついた。

 男のたまがったこつ、おもわずごくりと、つばを飲み込んだ。

 くもは、男に気付いたらしく天井を見上げるとごそごそ這いあがって来た。

「あんた見たつばいね、わたしの姿。もちっと生かしとこ、と思うとったばってん仕方んなか。命は、もろうた」

そげん言いながら、飛びついて来た。男は、天井から転げ落つるごつ逃げ出した。

くもは、どんどん追っかけてくる。男は、川岸のショウブの中に逃げこんだ。

くもは、すぐに男の隠れたショウブが原にやってきて、

「そんなとけ隠れたっちゃ、すぐわかるとたい」

そう言いながら、男の隠れているショウブの間に入ってきた。

くもは、男を長い足でおさえると、大きな口を開けて食おうとした。

その時ショウブのかたくてとがった葉っぱの先が、大ぐもの目に突きささったったい。

 目の見えんごつなったくもは、川に流されて死んでしもうたちゅうこつげな。

危なかったな。

五月の節句んとき軒にショウブばさすのは、魔よけの意味があるとげな。

これまじばいた。

参考

くらしのあゆみ 一の宮 -一の宮町 伝統文化研究会-
 高橋 佳也


カテゴリ : 文化・歴史
索引 :

このページのURL:

TOP